ブランディング動画制作

映像で想いや世界観を表現し、
ブランドへの共感を促す動画コンテンツを制作します

インターネットやSNSの普及によって、消費者が日常的に触れる情報量は急激に増加し、認知拡大はもちろん、消費者との関係構築も難しくなってきています。そんな状況のなか、企業や商品、サービスなどに込められた想いや独自の世界観への共感を促すアプローチで訴求していくことで、市場での優位性を高めていく「ブランディング」が注目を集めています。

特に視覚・聴覚の両方に訴えかけられ、短時間で情報を伝えられる動画は、ブランドのメッセージや世界観を訴求する手法として最も適していると言えます。タイムシェアは企業や商品、サービス独自の魅力を抽出し、最適な手法で訴求していくことで、ターゲットとなる消費者への「共感」を促す動画コンテンツを制作します。


タイムシェアの強み

 

独自の魅力や想いを抽出し、ブランディングを実現するためのコンセプトを策定

タイムシェアはクリエイティブの制作に際して、企業や商品、サービスなどが消費者に提供している「本質的な価値とは何か」を紐解いていくために、十分なヒアリングを行い、それを元にどのようなコンセプトで映像を制作するかを決定します。軸となるコンセプトを策定することで、他にはない独自の魅力を表現する映像を制作します。

 

ブランドの世界観を表現するためのストーリー(シナリオ)を設計

策定したコンセプトやブランドの世界観を映像で表現するために、ターゲットとなる消費者像(ペルソナ)が共感し、心を揺さぶるようなストーリー(シナリオ)を設計します。映像にストーリー性を持たせることで、消費者に対して良質なブランド体験を提供し、強固な関係構築を促すことができます。

 

プロによる完全フルオーダーメイドのブランディング動画を制作

独自の魅力や世界観を表現するために、、完全フルオーダーメイドで制作を行います。コミュニケーションコンセプトや企画内容、ストーリーを踏まえ、最適な制作チームを編成。プロのクリエイターをアサインし、クオリティの高いブランディング動画の制作を実現します。


ブランディング動画実績例

オフィスビルのブランディングムービー

ターゲットとなる入居者のペルソナから架空の企業像を設計し、そこで働く社員たちのワークシーンを通して入居を検討している方がオフィスでの1日を追体験できる映像を制作。

イベントPRムービー

イベントのミッションやパーパスを訴求するために、イベントの様子やリアルな雰囲気をドキュメンタリー調で表現。イベントに参加していない人にも臨場感や魅力を感じさせる映像を制作。

制作実績一覧へ

ブランディング動画の活用シーン

YouTubeなどのSNSを活用したファン形成

スマートフォンの普及によって、YouTubeなどのSNSの利用率・利用時間は年々増加傾向にあります。SNSとの相性の良い動画を活用してブランディング活動をしていくことで、多くの視聴者のファン化を促すことができます。またSNSによっては詳細なターゲティングを設定した広告出稿も低コストで行うこともできます。

各種展示会やセミナー、イベントで上映して競合と差別化

各種展示会や各種セミナー、イベントなどの限られた時間内で、魅力を最大限に訴求するためにはブランディング動画の上映が非常に有効です。ブランドの世界観を表現するブランディング動画を上映することで、言葉やテキストでは説明しきれない情報と良質なブランド体験を求職者に提供し、独自のブランド形成を促すことができます。

自社の社員やスタッフのエンゲージメントの向上

企業のビジョンやミッション、価値観を表現するブランディング映像は、ファン形成を促すだけでなく、自社のインナーブランディングにおいても活用できます。企業のビジョンやミッション、価値観への共感を促し、自社の存在価値を再認識させることで、社員のエンゲージメントを高めることができます。

ブランディング動画の種類

企業ブランディング動画

事業や商品、サービスなどのミッションやビジョン、それらに込められた想いや独自の世界観を映像で表現しながら紹介していきます。機能や価格などのスペックではない独自のブランド形成を促し、競合との差別化を図ることで、自社のファン形成や、商品やサービスであれば興味喚起や購買行動などを促すことができます。

採用ブランディング動画

採用競合との差別化を図るための採用ブランドを構築し、企業のミッションやビジョン、パーパスなどをさまざまなアプローチで映像を通して訴求していきます。また、企業の組織風土やカルチャーも訴求していくことで、求職者の共感を促し、志望度の向上や採用におけるミスマッチを防ぎます。

地域ブランディング動画

「その地域の本質的価値とは何か」を発掘し、その地域独自の魅力や世界観をブランド化するための映像を制作します。その地域独自のブランド(イメージ)を形成することで、地元産業の活性化や観光客誘致、人口増を後押しすることができます。

インナーブランディング動画

企業のミッションやビジョン、自社の存在意義などを訴求するトップメッセージや、自社ブランドを体現する現場社員がどのように業務に取り組んでいるのかを紹介していきます。企業のミッションやビジョンを社員に自分ゴト化させ、社員のエンゲージメントの向上を促していくことで、組織全体のパフォーマンスを高めていくことができます。また、社員が自社のブランドの価値を意識することで、アウターブランディングへの相乗効果も期待できます。

ブランディング動画制作の費用

ご要望、ご予算に応じてお見積りさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

モデルケース1

企業ブランディング動画|社員インタビュー動画

要件・仕様

撮影1日
撮影対象者1名
映像1本

費用の目安

50万円(税抜)~

モデルケース2

企業ブランディング動画|CSRイベント動画

要件・仕様

撮影1日
映像1本

費用の目安

50万円(税抜)~

ブランディング動画制作に関するよくあるご質問

ブランディング動画制作に関するよくあるご質問と回答をご紹介します。不明点やご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

いくらで動画を制作することができますか?

完全フルオーダーメイドでの制作となりますので、納期や撮影日数、取材やナレーションの有無、CGの有無などの制作内容によって大幅に変わってきます。参考価格としては、取材撮影なしの場合で30万円(税抜)~、撮影取材ありで50万円(税抜)~となります。

コンペでの発注でも可能でしょうか?

可能です。また稟議用資料の作成も承っておりますので、お問い合わせの際にその旨をお伝えください。

撮影した素材はあるのですが編集のみ発注することはできますか?

可能です。撮影素材を確認させていただいたうえで、最適なクリエイティブをご提案させていただきます。

 
動画制作の流れと納期について教えてください。

動画制作の流れは大きく分けて「企画」「撮影」「編集」があります。詳しくはヒアリングの際にご説明させていただきます。また納期ですが、企画の内容にもよりますが、通常1〜2ヶ月ほどでご納品できます。

タレントやモデルをキャスティングすることはできますか?

可能です。クリエイティブに最適なキャストを選定し、オーディション(書類選考など)の手配や出演交渉まで行いますのでお気軽にご相談ください。

当社の製品をCGで再現できますか?

ご要望の難易度によってはお受けできない場合がございます。精緻な再現をお求めの場合は専門の制作会社へご依頼されることをお勧めします。