採用イベント企画・設計

“企業ならではの体験”を提供する
インタラクティブな採用イベントを企画・設計します

採用イベントは求職者とインタラクティブにコミュニケーションが取れる絶好の機会です。企業は、自社の強みや個性を一方的に伝えるだけではなく、求職者のリアルの声や反応を伺うことができます。また、求職者にとっても、企業の雰囲気やどのような社員が働いているのかを知ることができる大切な機会となります。

タイムシェアの採用イベント企画・設計は、採用コミュニケーションの軸となるコンセプト(=何を一番伝えたいのか?)を考え、その企業ならではの文脈で求職者に提供する体験を企画していきます。そのため、当社はフルオーダーメイドで採用イベントを企画・設計しています。


タイムシェアの強み

採用コンセプトから企業独自の体験を考える

タイムシェアでは、独自の調査と十分なヒアリングを行うことで、採用マーケットにおける企業の独自性や強みを改めてご提案し、採用コミュニケーション全体を捉えた上での「採用コンセプト」を策定します。この採用コンセプトを軸として、その企業にしか提供できない独自の体験をご提案します。

インタラクティブな採用コミュニケーション設計

採用イベントという手法の一番の強みは、企業と求職者がインタラクティブにコミュニケーションを取れることです。そのため、採用イベントを企業側からの“一方的な情報発信の場”とするのではなく、どのように求職者を巻き込み「自分ゴト化させるか?」に重点を置いた“体験の場”とすることを大切にしています。


採用イベント企画・設計例

会社説明会設計

グループ会社全体で採用活動を行う企業において、1日数百人が集まるイベントでのコンテンツを提案。グループ共通で大切にしていることを骨子とし、各社のリレートークやパネルディスカッション開催の準備・フォローを行う。

インターンシップ設計

上位校向けインターンシップを企画・設計。1週間程度のインターンシップを通して、どのような読後感を与えるか?に着目してコンセプトを設定。コンテンツは、社員や経営陣による登壇、ロングワーク、ショートワークを交えながら、ビジネスに対する視点を広げ、企業の魅力への気づきを与えていくものに。

制作実績一覧へ

採用イベントの活用シーン

簡単なワークショップを加えた1dayの企業説明会を開催する

企業説明会を単なる情報提供の場ではなく、インタラクティブなコミュニケーションを交えた体験の場として、求職者の興味喚起を図るご提案をいたします。

特定の人材層に向けてインターンシップの開催

近年、インターンシップは年々増加傾向になります。なかでも、理系人材や優秀層など特定の人材層に向けて設計したインターンシップは、内容を絞ってコミュニケーションが取れるため、求職者にとっての体験価値がグッと高まります。

採用イベントをオンラインで実施

リアルで得られる体験価値とオンラインで得られる体験価値は別々だと考えています。だからこそ、「企業ならでは+オンラインならでは」の体験をご提案いたします。

採用イベントの主な種類

企業セミナー、職場体験ワークショップ

1dayの企業セミナーやワークショップです。連日開催を前提としたインターンシップに比べて、気軽に開催することができ、学生に企業のことを認知してもらうには最適です。

インターンシップ

実際に企業に身をおいて学生が就業体験を行うものですが、期間は数日〜6ヶ月などさまざまです。当社ではそのプログラムやコンテンツの一部を企画・設計させていただくケースが多いです。

オンライン採用イベント

インターネットを介したWEBセミナーやワークショップ、インターンシップなどです。多くの人材とインタラクティブにコミュニケーションができるオンラインの特性を活かしたプログラムやコンテンツの企画・設計を行います。

採用イベント企画・設計の費用

ご要望、ご予算に応じてお見積りさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

モデルケース1

インターンシップ

要件・仕様

コンセプト設計
事前取材
詳細(香盤)設計
ワークショップ設計

費用の目安

200万円(税抜)~

モデルケース2

オンラインイベント

要件・仕様

コンセプト設計
事前取材
香盤設計
ワークショップ設計

費用の目安

100万円(税抜)~

採用イベント企画・設計に関するよくあるご質問

採用イベント企画・設計に関するよくあるご質問と回答をご紹介します。不明点やご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

いくらでイベントを制作することができますか?

完全フルオーダーメイドでの企画・設計となりますので、納期や開催日数、実施内容によって大幅に変わってきます。ご予算が決まっている場合には、ご予算内でできる最大限の体験をご提案いたします。

コンペでの発注も可能でしょうか?

可能です。また稟議用資料の作成も承っておりますので、お問い合わせの際にその旨をお伝えください。

イベント企画・設計の流れについて教えてください。

イベント企画・設計の流れは、大まかに「ヒアリング」→「コンセプト設計」→「事前取材(必要であれば)」→「詳細(香盤)設計」→「ワークショップ設計」と順に進めて行きます。また、社員の方にご登壇いただく場合には、社内調整をご依頼する可能性がございます。納期の目安としては、企画の内容にもよりますが、通常2ヶ月ほどでご納品できます。

 
イベントの運営までお願いすることはできますか?

申し訳ございません。イベント開催時の運営は基本的にはお受けしておりません。